スポンサーリンク

抜け毛の量・原因は春夏秋冬で違う!基礎知識

シェアする

抜け毛の量は季節によって変わる?春夏秋冬で考えられる原因

抜け毛の量は、薄毛脱毛症を気にする人には重要なことですが、実は病気ではなく季節の変化が関係していることもあるようです。しかし、春夏秋冬、日本の四季に伴って髪の毛も変化することは「風流」では済まされません。抜け毛の本数で一喜一憂している人は、季節の変化と抜け毛の量の変化のメカニズムを理解しませんか?コレを読めばきっと抜け毛への意識が変わり、少しは抜け毛の心配から開放されるかも知れません。

抜け毛は季節によって違う?

抜け毛は髪の毛の少なさが気になったり、遺伝性の薄毛を心配している人には大問題でしょう。しかし、髪の毛は常に毛周期という生え変わりのメカニズムによって抜けるものであり、全く抜けない人などいないと言われています。

とは言え、何故かいつもよりも抜け毛が増えた気がする、と感じたら不安は高まります。でも、実はその抜け毛は季節によるものの可能性が大きいのです。

抜け毛は毛周期の成長期が終わった後に起こるもので、役目を終えた髪の毛は当然抜けていきます。しかし、それ以外にも季節によって抜け毛が増えやすい時もあると考えられています。それはまるで動物が夏毛から冬毛へと変わるかのように起こるようです。

季節ごとで異なる抜け毛の原因を紹介

髪の毛が抜けるのは、季節の変化に髪の毛が対応していることが原因の可能性もあります。しかし、現在社会での生活が抜け毛の原因になっていることもあるようです。

あまり気にしすぎるのはストレスとなり髪の毛にも悪影響となってしまいますが、思い当たる理由がある場合には、それに対処して抜け毛を改善することも必要かも知れません。

抜け毛の量・原因は春夏秋冬で違う!基礎知識

「春」の抜け毛はストレスのせいかも

春に抜け毛が増えやすいと言う人は、環境の変化や自律神経の乱れやすさが原因かも知れません。春は卒業や入学、仕事をしている人は異動や転勤、新入社員の入社に伴う環境の変化や指導など、ストレスが増えやすい季節です。

ストレスは自律神経を乱して血行不良などの体内環境の悪化をもたらします。さらに冬から温かい季節への変わり目であるために体内を整えるために自律神経が乱れやすくなるようです。

また、歓送迎会やイベントも多くなり、忙しさやアルコールの摂取量の増加によって抜け毛が増えるリスクも高まる恐れがあるでしょう。

「夏」の抜け毛は環境のせいかも

夏には紫外線が強くなったり汗をかくことで、頭皮環境が悪くなり、抜け毛が増える可能性も考えられます。紫外線は肌を焼き、頭皮が硬くなる原因にもなります。そのせいで血行不良が起こったり、肌の劣化を促す活性酸素が増えたりする可能性があるのです。

頭皮環境が悪化することで十分な栄養を得られなくなり、髪の生育が悪くなることで抜け毛が増えるリスクは高くなるでしょう。

また、汗やそれとともに増える皮脂も雑菌を増やして環境を悪化させるでしょう。

「秋・冬」の抜け毛も環境が原因かも

秋・冬は乾燥の季節として頭皮が乾きやすい季節です。さらに寒暖の差が大きい季節にはエアコンの利用も増えて、乾燥した環境におかれることが増えるものです。乾燥は頭皮にも悪影響を及ぼして抜け毛を引き起こす恐れがあります。

エアコンによる乾燥は夏場にも感じやすいものですが、冬には寒さという新たな問題も浮上します。寒さは血行を悪化させて、頭皮への栄養や酸素の供給を阻害するリスクを持っています。

冬の抜け毛は女性の抱える肌トラブルの問題とも良く似ているようです。頭皮も肌の一部なので、同じように肌トラブルの季節にはトラブルを引き起こしやすいと考えておくと良さそうです。

抜け毛は本数ではなく質で見極めて

季節によって増える抜け毛は、ある程度は自然の摂理である可能性もあります。そのため、抜け毛が多くなったと嘆くのではなく、その抜け毛が自然に起こったものであるかどうかを見分けておくことも必要です。

もしも自然に抜け毛が増えたのであれば、過剰な心配は不要となるでしょう。しかし、本当に脱毛症などが起こっているのであれば、注意が必要です。

見極めのポイントとしては、本数ではなくその質です。とは言え、残っている髪の毛ではなく、抜け落ちた毛の毛根に注意することが必要となるでしょう。髪の毛が成長せずに抜け落ちることが薄毛の大きな問題点ですが、そういった髪は抜けた髪の毛根にも違いが出やすくなります。

抜けた毛の毛根がふくらみを持たないものであったり、成長途上の弱々しい毛であったら、問題にすべきは季節の変化ではないかも知れません。

抜け毛の量・原因は春夏秋冬で違う!基礎知識

抜け毛が多くても「ココまでは」気にしないで!

季節の変化である意味動物的な抜け毛が起こったり、生活の変化で一時的に抜け毛が増えたりすることはあるものです。そのため、あまり敏感に抜け毛を意識しすぎないことも大切となります。

基本的には人の髪の毛は最大で9月ごろをピークとして300本くらい抜けることもあるようです。もっとも少ないとされる3月ごろには100本未満になる人もいると言いますから、大きな変化ですが、一時的なものであればあまり気にしないようにしましょう。

気にしている時はちょっとした変化でも気になりますが、敏感になりすぎるのも良くありません。ただし、1日に500本など以上な本数が抜けるという場合には注意が必要となります。以上と感じた場合には、専門クリニックや皮膚科へ行き診察をされることをおすすめします。

おわりに

抜け毛は季節の変化によって多くなったり少なくなったりしているようです。気づかない場合には問題はないのですが、気にしている人は過剰に反応をしてしまうことがあります。

季節の変化やそれに伴う環境の変化による抜け毛の増加は全てが心配なものではありません。できるものは改善を目指すことも大切ですが、過剰に不安になってストレスを溜めるのは避けたいものです。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする