スポンサーリンク

ハゲは隔世遺伝によるもの、と言われている理由

シェアする

ハゲは隔世遺伝によるもの、と言われている理由

一般的に、ハゲは隔世遺伝といわれることが多いようです。なぜ、このように言われるのでしょうか。ここでは、ハゲは隔世遺伝といわれる理由を解説しています。将来のハゲが心配な方は参考にしてください。

男性に多いハゲの原因

家族にハゲがいる方は、自分の将来も心配になりますよね。男性に多いハゲの原因といわれているのが男性型脱毛症(AGA)です。一説では、ハゲに悩む男性の9割が男性型脱毛症といわれています。男性型脱毛症とは、どのような脱毛症なのでしょうか。

男性ホルモンの影響によるハゲ

男性型脱毛症は、男性ホルモンの「テストステロン」が「5αリダクターゼ」と呼ばれる酵素の働きで、「ジヒドロテストステロン」という男性ホルモンに変換されることで起こります。ジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞内の「レセプター(アンドロゲンレセプター)」と結びつくと、毛母細胞の細胞分裂が抑制されます。髪の毛は毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで育つので、ジヒドロテストステロンの影響で細胞分裂が抑制されると髪の毛の成長は滞ります。その結果、通常は2年~6年あるといわれるヘアサイクルの成長期が、数カ月~1年程度にまで短縮されハゲてしまうのです。

男性型脱毛症は遺伝する

男性型脱毛症を発症しやすい体質は遺伝すると考えられています。そのため、ハゲも遺伝すると考えられているのです。具体的に、どのような体質が遺伝するのでしょうか。

ハゲにかかわる遺伝子は2つある

男性型脱毛症の原因は、「5αリダクターゼによりテストステロンがジヒドロテストステロンに変換されること」と「ジヒドロテストステロンがアンドロゲンレセプターと結びつくこと」です。5αリダクターゼの活性(生成しやすさ)とアンドロゲンレセプターの感受性の高さには個人差があります。基本的に5αリダクターゼの活性が高い人ほど、アンドロゲンレセプターの感受性が高い人ほどハゲやすいと考えられています。これらの程度は別々の遺伝子により受け継がれます。

ハゲは隔世遺伝といわれる理由

男性型脱毛症には2つの遺伝子が関わっています。5αリダクターゼの活性を決める遺伝子とアンドロゲンレセプターの感受性の高さを決める遺伝子です。5αリダクターゼの活性を決める遺伝子は優性遺伝で受け継がれます。つまり、父方・母方を問わず、いずれかが5αリダクターゼ活性のある遺伝子を持っていると受け継がれる可能性があるのです。

もう一つのアンドロゲンレセプターの感受性の高さは母方からから受け継がれると考えられています。感受性の高さを決める遺伝子が、母親から受け継がれるX染色体に存在しているからです。母親は女性なので、ハゲやすい遺伝子を受け継いでいても男性型脱毛症の症状は現れにくいと考えられます。その遺伝子を受け継いだ子供(男性)が突然ハゲたように見えるので、ハゲは隔世遺伝といわれることがあるのです。

遺伝からハゲるかどうかを考える

遺伝 薄毛 注意点

家族、あるいは家系にハゲがいる方は心配になったはずです。一般的に、家族、あるいは家系にハゲがいる方はハゲやすいと考えられていますが、実際にハゲるかどうかはわかりません。ハゲに関係する遺伝子は2つあるので様々な組み合わせが考えられるからです。遺伝からハゲるかどうかを考えると次のようになります。

  1. 5αリダクターゼの活性が高く、アンドロゲンレセプターの感受性が高い方はハゲやすいと考えられます。
  2. 5αリダクターゼの活性が高く、アンドロゲンレセプターの感受性が低い方は1に比べハゲにくいと考えられます。
  3. 5αリダクターゼの活性が低く、アンドロゲンレセプターの感受性が高い方も1に比べハゲにくいと考えられます。
  4. 5αリダクターゼの活性が低く、アンドロゲンレセプターの感受性も低い方は、2・3よりもハゲにくいと考えられます。

ただし、ハゲには生活習慣なども関わっています。実際にハゲるかどうかは、これだけではわかりません。

心配な方はハゲに関する遺伝子検査を

将来のハゲやすさは病院などで受けられる遺伝子検査で分かります。遺伝子検査で分かることはAGAを発症しやすい遺伝子を受け継いでいるかどうかであって、将来ハゲるかどうかではありません。つまり、AGAを発症しやすい遺伝子を受け継いでいてもハゲないこともあるのです。遺伝子検査を受ける方は、可能性を調べるものであることを理解しておきましょう。

まとめ

男性に多い薄毛の原因は男性型脱毛症です。男性型脱毛症には「5αリダクターゼの活性を決める遺伝子」と「アンドロゲンレセプターの感受性を決める遺伝子」が関わっています。後者の遺伝子は母方から遺伝すると考えられています。母親は男性型脱毛症の症状が現れにくいので、ハゲは隔世遺伝するといわれることがあります。遺伝は男性型脱毛症の重要な要因ですが、これだけですべては決まりません。ハゲが心配な方は、生活習慣を見直すなどできることから取り組むと良いでしょう。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部