スポンサーリンク

【毛髪診断士監修】AGAの原因3つと対策

シェアする

AGA(男性型脱毛症)の特徴・発症原因・対策

AGA(男性型脱毛症)は、成人男性を中心に思春期を過ぎた頃から壮年期まで幅広い年齢層の男性に見られる薄毛の原因です。

AGAの悩みを解決するためには、特徴や発症原因をしっかりと解き明かして、正しい対策を行うことが必要となります。毛髪診断士の監修をもとに、みなさまへ薄毛改善のアドバイスをお伝えいたします。

いくつかあるAGA(男性型脱毛症)の特徴を紹介

男性が電話をしている

AGAは、男性に起こりやすいという以外にもいくつかの特徴を持っています。なんとなく抜け毛や毛量が気になりだしたら、具体的に状況をチェックしてみましょう。

薄毛と向き合うのは嫌なものでしょうが、改善のためには大切なことです。

AGAは薄毛の進行が遅く、気づきにくい

AGAの薄毛の進行は非常に緩やかであり、本人も気が付かないうちに薄毛が進んでしまっていることが多く見られます。早い人では思春期を過ぎた頃から、多くの場合は20歳代くらいから徐々に抜け毛が増え始めます。

若いうちは特に髪の毛のことなどあまり気にしない人も多いため、余計に見逃されてしまうことが多いようです。何となく抜け毛が増えたな、髪のボリュームが減ってきた気がする、など感じたら要注意と言えます。

また、家族や知人などから指摘を受けて気がついたという人もいます。

生え際や頭頂部が薄くなりやすい特徴がある

AGAの最初の特徴としては、とくに抜け毛が増えやすく薄くなりやすい部位があるという点が挙げられます。AGAで薄くなりやすいのは、生え際や頭頂部です。おでこの両脇が後退してきた状態を「M字はげ」、頭頂部のつむじが広がってきた状態を「O字はげ」などと呼ぶこともあります。

さらにM字とO字が同時に進行して、最終的に合わさってしまったものを「U字」と表現するようです。最初は、生え際の「M字」とつむじが広がった「O字」から注意をしておくと発見が早くなるかも知れません。

抜けた毛が細く感じる

AGAの特徴は、生えている髪の毛の量だけでなく抜け毛の状態にも表れてきます。抜け毛はそのままゴミ箱へ捨ててしまうことでしょうから、気がつき難いものですが、時にはチェックをしておきましょう。

AGAで抜ける髪の毛は、細く頼りない状態に変わっていることが多くなります

また、髪が十分に成長しておらず、短いままで抜けてしまうこともあるようです。さらに髪の毛の根元にも注意をして見ると、毛根の部分がふっくらと丸くなっていなかったり、脂のような白い膜がごっそりと付いていることもあります。

「合わせて読みたい」

AGAと円形脱毛症の違いを「症状・原因・治療法」から紹介
AGAは別名で男性型脱毛症とも言われています。そして円形脱毛症はいわゆる10円ハゲと呼ばれるもの。円形脱毛症、同じ抜け毛や薄毛になる症状...

AGA(男性型脱毛症)の主な原因はこの3つ

医者からのアドバイス

AGAが始まってしまう原因には体内環境が大きく関係しています。AGAが男性型脱毛症と言われる所以として、男性に起こりやすいホルモンの問題があります。

また、体内環境が変化を起こすのにもいくつかの原因があるため、自分の生活を振り返ってみることも必要かも知れません。

原因1. 男性ホルモンの変化

AGAの根本的な原因として考えられているのは、男性ホルモンの異常です。男性ホルモンである「テストステロン」は、5αリダクターゼという還元酵素によって「ジヒドロテストステロン」という物質へ変わることがあります。

ジヒドロテストステロンは、毛根の髪を育てる「毛乳頭」という部分に入り込み、髪の成長を抑制します。5αリダクターゼは1型と2型がありますが、前頭部に集中している2型5αリダクターゼがAGAに大きな影響を与えてるのではないかと考えられています。

原因2. 遺伝的な要素

AGAの原因には男性ホルモンの一連の変化が関係していますが、こうした変化を起こしやすいかどうかには遺伝的な要素が深く関わっているようです。体質的にジヒドロテストステロンが増えやすい人や毛乳頭に入りやすい人の方が、薄毛のリスクが高くなると考えられており、体質は遺伝で受け継がれることもあるのです。

5aリダクターゼの活発さや、ジヒドロテストステロンの産出量の違いによってAGAになりやすい人とならない人に分かれているというのが、現在の考え方になります。

原因3. 生活習慣の悪化

AGAは遺伝的な要素も関係していますが、それだけですべての人が薄毛になると決まったわけではありません。

しかし、AGAになるリスクを持っている人が生活の中でさらに悪化させるようなことをするとよりリスクが高くなってしまうこととなります。

髪の毛の成長には、頭皮の環境が重要です。頭皮環境は、日々の生活の乱れや疲れ、ストレスなどで悪化すると言われています。

生活リズムの乱れなどによって自律神経が乱れることで、皮脂が過剰に分泌されたり栄養分を運ぶ血行が悪くなったりして、髪を育てにくくなるのです。

AGA(男性型脱毛症)の薄毛対策

ドクターからのアドバイス

AGAの薄毛を進めないようにするためには、正しいセルフケアが大切な役割を果たします。毎日ケアを続けることで頭皮環境を守って、髪を育てやすい環境にし続けることが必要です。

それでも効果が感じられない時には、速やかに医療機関を受診することも考えるべきかも知れません。

AGAの対策は早いうちから始めて

AGAの対策は、早めに始めることが大切です。AGAによる薄毛は進行性であり、放置しておけばおくほど、進んでしまいます。

さらに薄毛が進行してしまうと改善も困難になってしまいます。AGAで現れがちな頭髪の変化の特徴を理解して、こまめに自分の髪の毛の状態をチェックすることが大切です。

また、遺伝的な体質が心配な人や生活習慣が乱れている人は、薄毛が始まる前から予防のために対策をしておくことも必要となるでしょう。

シャンプーなどのヘアケアでは頭皮に刺激を与えない

AGAの対策としては、毎日正しいケアを行って頭皮環境を整えることが必要となるでしょう。シャンプーは刺激の少ない成分のものを使い、指の腹を使って頭皮を傷つけないようにマッサージするように洗います。

また、洗浄成分を残さずに落とすことも忘れないようにしましょう。間違ったシャンプーでのダメージは頭皮に大きな影響を与えるため、注意が必要です。洗った後は雑菌を発生させないためにもしっかりと乾燥させます。

スタイリング剤などを使っている人は、頭皮にその成分が付かないようにした方が良いでしょう。

生活習慣の見直しで改善を図る

AGAの対策には、その原因となっている生活習慣のリズムの乱れやストレスを改善することも必要となります。頭皮の外側のケアを注意しているだけでは、身体の内側で起こっているホルモンの問題などに対応できません。

まずは、早寝早起きの規則正しい生活を送り、適度な運動やリラックス方法を取り入れましょう。身体が健康になれば、頭皮環境も自然と整うようになり、髪の毛への栄養も十分に運ばれるようになるはずです。

また、食べ物から取る栄養が髪に届くのですから、食事の栄養バランスにも注意をした方が良いでしょう。

「合わせて読みたい」

AGA(男性型脱毛症)の進行速度を早める要因とケアのポイント
AGA(男性型脱毛症)の克服は、巨大なモンスター(=大きな不安)との戦いと言えます。遺伝、環境、ストレスなど避け難いAGAの「原因」が、...

おわりに

AGAはさまざまな原因で発症する可能性がありますが、適切な対策をしておくことで進行を抑えることもできそうです。

まずはその特徴に注意をして自分の髪の毛をチェックし、早めにその兆しを発見できるようにしましょう。悩みと向き合うのはつらいかも知れませんが、薄毛のケアは自分の髪の毛としっかり向き合うことから始まります。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする