スポンサーリンク

フィナステリドの副作用にある初期脱毛を正しく知ろう

シェアする

フィナステリドの副作用にある初期脱毛を正しく知ろう

有効成分であるフィナステリドを含むAGA治療薬として有名なものがプロペシアですが、髪の毛を増やしたい人のための薬剤でありながら、副作用に初期脱毛というものがあります。これはそのままの意味で、副作用として髪の毛が抜けてしまうことです。一体どういうことなのかを解説いたします。

フィナステリドってどんなものなの?

フィナステリドはアメリカで開発された薬品です。はじめは前立腺肥大の治療薬として認可されていましたが、その後AGA(男性型脱毛症)に対しても、毛髪の成長効果が認められ、脱毛症の治療薬としても認可されました。日本でも厚生労働省の認可を得、2005年末に国内製薬会社から販売されています。薬のタイプとしては、発毛を促進するというよりも、脱毛作用の抑制に効果があると言われています。

「初期脱毛」について正しい知識を

フィナステリドをはじめ、多くのAGA(男性型脱毛症)治療の際に起こるのが「初期脱毛」です。初期脱毛とは、薬の服用をはじめてからしばらくは、発毛ではなくむしろ抜け毛が増える現象です。

これには驚く方も多く、「薬が効いていないのではないか」、「逆効果だったのでは」と不安になり、治療をやめてしまうケースもあります。しかしこれは治療の過程で必然的に起こることであるため、焦らずに経過を見守りましょう。なぜ初期脱毛が起こるかというと、それは人間のヘアサイクルに関係していると言われています。人間の髪は、「生えてくる成長期」〜「成長の止まる退行期」〜「抜けるのを待つ休止期」というサイクルを繰り返しています。

フィナステリドなどの薬の服用を始めると、毛母細胞が刺激され、髪の毛の成長が促されます。成長期に早く移ろうとするため、休止期にある髪が一気に抜けていくのです。これが、初期脱毛の仕組みだと言われています。

ヘアサイクルの時期・長さは個人差があるため、初期脱毛にも個人差があります。服用開始から1週間で初期脱毛が始まる人もいれば、1カ月過ぎてから始まる人もいます。また、2週間弱で脱毛が収まる場合もあれば、1カ月以上脱毛期間が続く場合もあります。

そうした期間は不安を感じるかもしれませんが、むしろ「今、成長が促進されているのか」と安心して、初期脱毛が収まるのを待ちましょう。また、あまりに期間が長かったり、脱毛量が多いかったりする場合は、かかりつけの医師に相談することも大切です。

フィナステリドの効能

初期脱毛の時期が終わると、ヘアサイクルは成長期に移ります。AGA(男性型脱毛症)は本来のヘアサイクルよりも早く脱毛してしまい、薄毛が進行していく症状です。フィナステリドは、初期脱毛の後に生えてきた髪のヘアサイクルを、本来の状態に戻す作用が大きいと言われています。発毛の促進というより、脱毛の抑制がメインの効果だと言えるでしょう。そのためフィナステリドを服用する際には、医師と相談の上、同時に発毛促進効果のある治療も行うとより効果的なようです。

用法の注意点は?

副作用や用法の注意点もしっかり確認しておきましょう。まず、フィナステリドはAGA(男性型脱毛症)に対する薬であるため、女性の脱毛症には効果がないと言われています。特に妊娠中の女性は、胎児の男性生殖器官に影響を及ぼす恐れもあるため、服用は避けるようにしましょう。用法の注意点としては、毎日同じ時間帯に服用すること、錠剤を割って服用しないことなどが挙げられます。また、肝機能障害がある方は服用すべきでない場合もあります。必ず医師の指示に従うようにしましょう。

おわりに

薄毛治療は時間もかかり、また初期脱毛などで焦ることも多いと思います。しかし薬の効果や用法をよく知り、医師としっかり相談して行えば、改善もしやすい症状です。確実な知識を身に付け、治療を行いましょう。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする