スポンサーリンク

食事の仕方が抜毛を助長することにも?

シェアする

食事による抜け毛

最近では若い世代でも深刻化している抜け毛、脱毛症ですが、その原因は食生活にあるとされています。普段の食生活の乱れが体調の不良を引き起こし、脱毛症を誘発するといった症例が数多くあります。今回は食生活によって髪の毛にどんな影響が及ぶのかと、その改善法をまとめてみました。

【ポイント1】血行を阻害する食生活を避ける

髪の毛に栄養素を運ぶのは血液の役割です。しかしその血液が毛根に届かなければ、当然ながら髪の毛は育たず、抜け落ちてしまいます。そのため、脱毛症を予防するためには、血行を促進する食生活を心がける必要性があります。

まず、肉食中心の食生活は真っ先に改善しなくてはなりません。もちろん、肉の中に含まれるタンパク質などは髪の毛を作るもとになる重要な成分ですが、同時に含まれる脂質などは血液をドロドロにしてしまい、血行に悪影響を与えてしまいます。皮脂の分泌量も増加してしまい、頭皮の状態の悪化につながってしまうので、肉類は食べる量は特に注意が必要です。

そのため、脱毛症を予防するには、まず食生活を消化に良い魚や野菜を中心にしたものに切り替えましょう。

【ポイント2】過度なダイエットはしない

特に女性などにみられるのが、過度なダイエットによる栄養素の不足のための脱毛症です。これはもちろん、ダイエットによるストレスも原因の一つではありますが、なにより、食事制限による栄養素の不足が脱毛症の大きな原因になっているようです。髪の毛を作るのに必要な栄養素は大きく分けて4つほどあり、タンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などが挙げられます。これらの栄養素は意識的に摂ることを心がけないと取りづらいものであるため、カロリーだけを考慮したダイエット食などでは不足しがちです。

そのため、過度なダイエットは抜け毛の直接的な原因になりえます。これを改善するためには、ダイエット中であっても、栄養素を摂取できるよう工夫しなくてはなりません。肉や乳製品はダイエットとの相性が悪いため、豆腐や豆乳などでタンパク質を、ミネラルやビタミン、食物繊維などは、緑黄色野菜や果物などで摂取するようにするとよいでしょう。ただし、豆腐などでは取れない動物性のタンパク質も髪の毛には必要なので、適度に鳥ささみや卵なども摂取することをお勧めします。

【ポイント3】過食と夜食は育毛の大敵

夜食 問題 注意点

食べ過ぎ、太りすぎ、深夜の夜食。これらは全て抜け毛の原因となるものです。まず、食べ過ぎや太りすぎは上記でも取り上げた血行の阻害の要因となります。太りすぎは血液の粘性化して血行を鈍化させる、脂質の増加で頭皮の環境の悪化にもつながります。

また、深夜の夜食も育毛には悪影響です。夜食を摂るような時間帯は髪の毛をはじめ、身体が成長する時間です。この時間に起きて活動していること自体が育毛には悪影響になっています。そして、普段食事を取る時間以外にも食べ物を食事摂ると余計に内臓に負担がかかる、寝つきが悪くなって睡眠時間が減るといったことも考えらえます。食生活の改善は、身体と髪にとってとても大きな意味をもっています。よって、抜け毛の予防には適度な食事量と、正常な摂取の頻度、および時間帯を守ることが求められます。

おわりに

抜け毛を予防するためにもっとも必要なことは、なによりもバランスであると言えます。暴飲暴食が悪影響であるのはもちろんですが、一方で必要な栄養素を摂ることも求められます。極端な食生活は髪の毛のみならず、全身の健康に影響します。自身の健康こそ抜け毛の最大の予防法であるため、正しくバランスの良い食生活をすることを心がけましょう。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする