スポンサーリンク

薄毛対策にホルモンバランスを考えなくてはいけない理由

シェアする

ホルモンバランスによる薄毛

薄毛の原因といわれているホルモンバランスの乱れは、現代人が抱える悩みの一つでしょう。生活が不規則、栄養バランスが悪い食事をしたり、飲酒・タバコの量が多かったりする人は要注意です。ホルモンのバランスが崩れてしまい、抜け毛が増える、薄毛になる確率が高くなります。ここでは、薄毛とホルモンの関係について述べていきます。男性ホルモンと女性ホルモンが薄毛にどう関係しているのか、バランスを整える方法はどういったものか紹介していきます。

男性ホルモンと薄毛の関係性

男性ホルモンが多いと体毛は濃くなりますが、頭髪は薄くなる傾向が見られます。性別に関係なく男性ホルモンは持っていますが、男性の方が多く作られるため、抜け毛や薄毛に悩む人が多いとされています。「テストステロン」という男性ホルモンがあります。男性ホルモンを生成するもとになるもので、「5αリダクターゼ」という還元要素とセットになると活性化します。

具体的には髪のもととなるタンパク質合成を阻害する、皮脂が過剰分泌され毛穴がつまるといったトラブルが生じます。この影響を特に受けやすいのが前頭部・頭頂部といわれており、後頭部の髪だけ抜けにくいという特徴があります。

また、活性化すると「5α-DHT」という強力な男性ホルモンをつくり、悪影響を与えていきます。5α-DHTは男性ホルモンレセプターと結合して、脱毛因子が増加することで、髪が抜けていくようになってしまいます。

女性ホルモンと薄毛の関係性

女性ホルモンの一つであるエストロゲンは、毛乳頭細胞に影響を与えて、髪の毛の成長を抑える効果があります。毛が成長してから抜けるまでの期間が長くなるため、女性は長髪にしやすいわけです。

エストロゲンが不足してしまうと、抜け毛が増え、髪質が悪化してパサパサになることがあります。美しく整った髪の毛を保つために欠かせない存在です。一般的に男性より女性の方が女性ホルモンの量が多いため、抜け毛や薄毛になりにくいとされていますが、年齢を重ねるとホルモンの分泌量は減っていきます。そのため、中高年齢層になった女性の中には薄毛で悩む人が増えているのです。女性は閉経すると女性ホルモンが著しく減り、髪の毛が細くなることがあり、抜け毛の量が増えるというよりも見た目が薄毛の状態になります。

ホルモンバランスが乱れる原因としては、仕事や家事・育児などのストレス、生活習慣などが挙げられます。女性ホルモンであるプロゲステロンとエストロゲンは、約2週間ごとに交互に優位を繰り返すという特徴があります。このバランスが崩れると、頭皮・頭髪に悪影響を与えます。

ホルモンバランスを整えて薄毛対策をする方法

食品 栄養 ホルモンバランス

ホルモンバランスが乱れていることが原因で薄毛になっている人は、効果的な三つの方法を試してみましょう。

体を温め血行不良を改善する

特に女性にとって多くの人が悩む問題に冷え性があります。実はこの冷え性、女性ホルモンが大きく関係しており、女性ホルモンの乱れが引き起こしている問題なのです。冷え性が起こると毛細血管が縮小してしまうため、血行不良となり、結果的に体内の細胞はもちろんのこと、頭皮や髪の毛にも悪い影響を及ぼします。抜毛や頭皮の状態だけではなく、体の様々な部分に波及する問題であるため、まずは体を温めるといった髪の毛以外のケアに注意することが必要です。

ストレスを発散させる

ストレスをためてしまうとホルモンのバランスを乱してしまい、一時的に何らかの脱毛症を発症する可能性もあります。自分に合ったストレス解消法を見つけて、なるべくため込まないようにしましょう。好きなものを食べたり、趣味を満喫したり、定期的に発散させてください。ストレスの原因を相談できる相手を見つけるのもよいでしょう。

食生活を改善する

食べ物だけでなく、サプリメントなども活用するとより効果的になるでしょう。女性ホルモンを整える役割がある大豆イソフラボンを積極的に採り入れた食事を心がけるといいです。手軽なものとして、豆乳や豆腐、納豆などがあります。価格も手頃なため、毎日摂取することができます。この他、ビタミン類も大切です。ビタミンB・Eの多い肉や魚、アーモンドなどを摂取しましょう。

おわりに

ホルモンバランスが乱れると、薄毛以外に体調不良を引き起こすことがあります。紹介してきた対策法を試しつつ、自分の症状に合った育毛剤を選択してみてください。育毛剤だけで対処するよりも、自分の生活も見直すことで効果が出てくるでしょう。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部