スポンサーリンク

髪の毛の生え変わりサイクルを徹底解説!ハゲ治療の前に

シェアする

ハゲ治療の前に知るべき知識!髪の毛の生え変わりサイクル

髪の毛は独自の生え変わりのサイクルを持っており、ハゲ治療においてもその知識を持っておくことが必要です。髪の毛の生え変わりのサイクルをヘアサイクル、毛周期などと呼んでおり、これが正常となることで薄毛やハゲを改善できることもあると考えられています。

ハゲ治療には欠かせない髪の毛の牌分かりのメカニズムを理解して、それを効果的に生かせるようにしましょう。

髪の毛の生え変わりサイクルとは?

男性医師のアドバイス

髪の毛は、ヘアサイクルという生え変わりのサイクルで抜けたり成長したりを繰り返しています

全ての髪の毛はそれぞれが違ったサイクルを持っており、一部の毛根では髪の毛が成長し、その隣では抜け替わっていると言ったサイクルの違いによって私たちの髪の毛の量は常にある程度一定に維持されていると考えられます。

全ての髪が同じサイクルを持っていたら、一気に抜け落ちたり一時期のみフサフサになったりするでしょう。そんな急激な変化を与えないように、髪の毛はバラバラのサイクルを維持しているのです。

髪の毛の生え変わりサイクル期間は長い

髪の毛の生え変わりのサイクル期間は男性でおよそ3~5年、女性で5年~7年ほどと言われています(諸説により多少異なる)。毛根にある毛乳頭と言う組織にしたがって、毛母細胞が細胞分裂を起こして髪を成長させていきます

ヘアサイクルは基本的に、成長期を経て退行期へ、そして休止期となり、自然に抜け落ちるという周期を繰り返しています。成長期には髪の毛は伸び続けますが、それも1日に0.3~0.5ミリ程度と言われています。

髪の毛のサイクルが乱れると薄毛が始まるかも

髪の毛の量を一定に保つためのヘアサイクルですが、それは乱れることもあります。ヘアサイクルが乱れることで、髪の毛が抜けやすくなったり成長が停滞して薄毛が進行すると言われています。

髪の毛の成長期はおよそ4年~6年程度と考えられていますが、それが短縮されると成長が不十分のまま抜ける毛が増えてしまい、細く短い髪が増えて髪の毛が減少したように感じられます。

また、その分毛が生える前の毛根が増えてしまい、毛量自体も実質的に減ってしまうでしょう。

AGA(男性型脱毛症)もヘアサイクルの乱れが影響

AGAは、遺伝やホルモンバランスなどが関係しています。男性ホルモンの変化によって髪毛の成長を妨げる成分が体の中で作られることでハゲが進んでしまうと考えられていますが、血流停滞や栄養不足によるヘアサイクルの乱れも原因となるようです。

遺伝はあっても健康的なヘアサイクルを持つことでその発症を緩やかにする効果があるとも言われているため、その傾向がある人は予防策としてヘアサイクルにも目を向けておいたいものです。

髪の毛の生え変わりのサイクルを整えるためには

男性医師のアドバイス

髪の毛の生え変わりのサイクルを整えるためには、頭皮への栄養補給が大切なポイントとなるようです。

髪の毛は頭皮にある毛根で作られており、そこに十分な栄養が運ばれなければ、正常に髪の毛を育てることはできません。ヘアサイクルを整えられるように頭皮に良い生活環境を整えましょう。

髪の毛の生え変わりは栄養によって

髪の毛の生まれ変わりのためには、髪の毛を作るための栄養素が十分に補充されることが必要と考えられます。そして髪の毛は、ケラチンというたんぱく質や亜鉛などによって作られているのです。

主成分であるたんぱく質を十分に摂取して、その合成を促す亜鉛を補うことでヘアサイクルを整えることができるでしょう。

髪の毛の生え変わりは血流促進によって

頭皮に栄養素を届けるためには、体の中の血流が良いことが大切です。血流を促進させるためには、脂質を控えてビタミンやミネラルを豊富に取り入れると良いでしょう。

髪の毛の主成分はたんぱく質ですが、肉類のたんぱく質をたくさん取ろうとすると脂質が過剰になる恐れがあります。血流には魚の脂が良い効果を与えると言われています

血流を促進するには生活リズムが大切

頭皮の血流を促進するためには、睡眠や運動を取り入れた規則正しい生活も大切です。生活習慣の乱れは自律神経を乱して、消化や代謝を悪化させ、血流を停滞させる恐れがあります。

また、運動の習慣は脂肪を燃焼させて血液の循環を改善すると言われています。

おわりに

髪の毛の健康的な生え変わりのサイクルは、髪の量を一定に保ってハゲを予防すると考えられます。ヘアサイクルは長い期間をかけて一周するため、髪の毛が薄くなる前から健康的なサイクルを作るための対策が必要となるでしょう。

髪の毛の成長のメカニズムを理解していることで、毎日の生活や食事にも意識的に髪に良いことが出来るかも知れません。それは遺伝や体質による薄毛にも効果的であると考えられています。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする