スポンサーリンク

M字ハゲ(薄毛)ができる原因と最善の対策

シェアする

M字ハゲができる原因と最善の対策【薄毛】

M字ハゲは、おでこと髪の毛の境目が文字通り「M」の形に見えることからそう呼ばれています。M字ハゲになるのは男性特有の症状であり、多くの場合にはAGA(男性型脱毛症)が関係していると言われています。おでこの両脇の生え際が後退していき、前髪を下ろしていてもハゲが進行すれば目立つようになるでしょう。その前に、M字が深くならないように、原因の追究と対策の模索を始めませんか?

M字ハゲはAGA(男性型脱毛症)が原因で起こりがち

医師のアドバイス
M字ハゲの主な原因としては、AGAがあります。AGAの基礎となる原因は遺伝と言われていますが、遺伝の影響を受けずに髪の毛を維持している人もいるようです。

M字ハゲの原因を探るには、AGAの原因を探すことが大切。ちなみに女性は男性のようなM字ハゲではなく、全体的に薄毛になるリスクが高くなるようです。

AGAは生活習慣の影響を受けやすい

AGAの原因は、男性ホルモンであるテストステロンが異常を起こして頭皮の毛根の成長を停滞させることとされています。男性だけでなく女性にとっても、毛根が髪の毛を成長させる力を失えば薄毛が進みます

AGAでは男性ホルモンが異常を起こすのは遺伝の影響が大きいと考えられていますが、それに加えて頭皮が血行不良を起こしていると髪はより生えにくくなってしまうでしょう。

頭皮の血行不良は、生活リズムの悪化や偏った食生活などで起こりやすいと言われています。

AGAの影響がとくに出やすい部位は「前頭部」

M字ハゲはAGA典型的症状と見られています。それはAGAの原因である男性ホルモンの異常が前頭部で起こりやすいことが理由のようです。

男性ホルモンの異常は5aリダクターゼという物質が関係していますが、この物質が多いのが前頭部と言われています。また、同様の理由から頭頂部もAGAの影響が出やすいと考えられています。

AGAはM字ハゲから進む可能性が

AGAの症状基準にハミルトン・ノーウッド分類というものがあります。M字の深さによって型が定められており、その進行具合によってⅠ~Ⅵ型と分かれていますが、その中にはM字が進むとともに頭頂部にO型ハゲが出来るケースも記されています。

つまり、M字が進行するとそれが深くなるとともにO型ハゲまで始まる可能性があるとも考えられそうです。

M字ハゲは早いうち!最善の対策3つ

男性の切ない表情

M字ハゲがちょっとでも気になりだしたら、その時から改善対策を考えましょう。進行すると治りが悪くなると言われているため、早いうちから対策を講じることが大切です。

日常生活でできることで進行を食い止められたり発毛の兆しが見えたら良い傾向と言えそうです。

1. 髪の毛に良い食事を継続

M字ハゲになる原因には髪への栄養不足もあるようです。髪の元となる主成分はたんぱく質ですが、それ以外にもビタミン、ミネラルの摂取は欠かせません。

とくに亜鉛は髪の毛を作るために役立つ成分ですが、男性では精子を作るためにも使われているため、不足しがちです。

ビタミン類も頭皮の状態を整えたり、髪の毛の合成に使われる成分と言われています。その日1日だけでなく、毎日継続して髪の毛に良い食事を摂れるように意識しましょう。

2. 血行の改善

M字ハゲを改善するには、頭皮の血行を良くして摂取した栄養を届けやすくすることも大切です。

血行は血液の状態や血管の働きによるものとされているので、血液サラサラ効果のあるDHA、EPAを多く含む魚を摂取したり、血管や内臓の働きを改善する自律神経を整えることが必要と考えられます。

自律神経は生活リズムによって整えられるようなので、規則正しい生活を心がけましょう。

3. 育毛剤の使用を視野に

生活習慣でM字ハゲを改善できない場合、もしくはプラスアルファで何か取り入れたい場合には、育毛剤を使ってみましょう。

ただし、育毛剤も玉石混合です。天然の発毛エキスを使っているものや口コミで評判の良いものなどをチェックして自身に合うものを探すことも必要となりそうです。

M字ハゲに対する病院での治療は?

医師2人

M字ハゲは、進行するとセルフケアでは改善できないこともあります。そんな時は薄毛治療を病院で始めることも良いでしょう。

薬も処方薬を利用できるため、医師と相談しながら治療を進められて安心です。

M字ハゲは専門のクリニックで

M字ハゲはAGA専門のクリニックで治療を受ける方が良いかも知れません。普通の皮膚科ではAGA治療薬を取り扱っていない場合もあります。

薄毛治療は自費治療であり、どこで受けても実費がかかるものなので、事前に料金体系もチェックしておくと安心です。

クリニックでも継続的な治療が必要

M字ハゲを改善するためには、セルフケアでも病院での治療でもある程度の期間継続することが必要となるでしょう。クリニックだからといってすぐに良くなることはないので、諦めずに一定期間続けることが大切です。

おわりに

M字ハゲは、特に男性に多く見られるAGA(男性型脱毛症)の特徴的な症状の一つであると考えられています。そのため、M字ハゲが気になりだしたら、AGAを念頭に置いたケアを始めることが必要となりそうです。

AGAは遺伝以外にも生活や食事が原因と考えられており、早めにこうした原因を改善することが求められます。進んでしまった場合にはセルフケアではなく病院での治療を考えることも必要かも知れません。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする