スポンサーリンク

プロペシアの副作用は怖い?薄毛への効果と合わせて確認

シェアする

薄毛に効果抜群のプロペシア!知らなきゃ怖い副作用

プロペシアは日本でもAGA治療薬として承認され、日本の製薬メーカーが製造しています。飲み薬なので5α-リダクターゼの影響を阻止する効果が育毛剤以上に高いことが分かっています。

しかし、効果とともに勃起不全など副作用も一定の割合で発症することも事実です。プロペシアのAGA治療薬としての作用と効果、ミノキシジルとどこが違うのか、副作用の実態を知ったうえで副作用につながらない服用方法を考えてみましょう。

プロペシアって何?

男性2人の顔

プロペシアは日本ではAGAクリニックで処方される以外、薬局で購入することはできない飲むタイプのAGA治療薬です。もともと前立腺肥大症の治療薬として開発されていたのですが、副作用として発毛効果が認められたことから「5α還元酵素阻害薬」として使われるようになっています。

プロペシアとミノキシジルの役割の違い

ミノキシジルの「血管拡張」による発毛促進効果に対して、プロペシアは「DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑える」ことで抜け毛抑制効果が得られます。

主成分のフェナステリドは、アメリカからメキシコ辺りに自生するノコギリヤシの薬効成分の研究から生まれました。ノコギリヤシは多くの育毛剤にも生薬成分として含まれ、男性ホルモンの活性化を抑制する作用から抜け毛予防の有効成分の1つとして知られています。

MSD株式会社が製造する日本の薬

プロペシアは日本の製薬メーカーMSD株式会社(旧・万有薬品)が厚生労働省の承認を得て製造している薬品です。

主成分のフェナステリドはアメリカのメルク社によって開発された抗アンドロゲン薬で、プロペシアは「5α還元酵素阻害薬」としてAGA治療専門クリニックなどで医師の処方を受けて服用することができます。遺伝的に受け継ぐ5α-リダクターゼという酵素が「DHT(ジヒドロテストステロン)」という強い男性ホルモンに変わることを防ぐ薬です。

DHTが減少すれば、男性ホルモンレセプターとの結合による脱毛因子の働きも弱くなるので抜け毛を減らす効果につながります。

そこで、育毛剤の効果が表れない人の期待を集め、プロペシアという名称が一般にも知られるようになってきました。

ネットで個人輸入もできるが控えた方が良い

ネットでも個人輸入によってジェネリックの「フィンペシア」を購入することができますが、勃起不全や性欲の減退といった副作用も一部に見られることから個人の判断による使用は控えた方が良いと言えます。

購入価格もAGAクリニックが約6,000円なので、大きな差はなさそうです。

プロペシアの効果と副作用

男性が叫んでいる

AGAクリニックの医師の指導のもとで行うAGA治療は、プロペシアのほかミノキシジルと併用し、健康管理とともに進めます。問診と治療とともに処方するので、異変が見られたら原因の特定もスムースで、すぐに服用を中止することもできます。

服用を中止すれば元の健康な状態に戻ることも多いので、素早い判断が健康被害を大きくしないポイントとなります。

プロペシアを使ってはいけない人

プロペシアは、AGA(男性型脱毛症)の治療薬です。ストレスに起因すると考えられる円形脱毛症、抗がん剤治療による脱毛には使えません。

服用時の献血はできませんが、止めて1か月以上経過すればできるようです。

また、女性の使用はできませんし、妊娠中に使用すると男児胎児の生殖器官の発育に影響が出ると言われています。

プロペシアの発毛効果

プロペシアの発毛効果も、決して100%ではありません。医学的な実験でも1年ほどの継続使用で約60%、2年の使用で約70%という結果が出ていますが、著明な改善に関しては「頭頂部6%」「前頭葉2%」という数字もあり、過度の期待は禁物です。

前述したように、プロペシアの主成分のフェナステリドは多くの育毛剤に含まれるノコギリヤシの研究から生まれていますが、育毛剤が生薬であるのに対してプロペシアは化学合成品です。塗布と服用薬という大きな違いもあります。

ノコギリヤシだから安心という考え方は間違いだと言えます。個人の判断による安易な使用は、より慎重に考える必要があります。

痒みや発疹、肝機能の低下といった副作用を起こす可能性がある

プロペシアの副作用で代表的なものが、勃起不全(ED)です。1%未満と言われますが、100人使用すれば1人未満の確率でEDを発症することになります。止めれば回復することもありますが、そのまま回復しない例もあるということです。

重篤な副作用は稀なケースだとしても、痒みや発疹、めまい、さらに睾丸痛や精液の質低下、肝機能の低下といった例も見られます。ときには乳房が女性のように膨らむといった副作用も出ています。

おわりに

AGAに悩む男性のなかには育毛剤による改善効果に納得できず、治療薬として知られるプロペシアや、個人輸入で購入できるジェネリック薬品のフィンペシアといった薬に関心を寄せるケースも多いと考えられます。

しかし、実際に副作用も報告されているプロペシアを自己判断で使用するのはリスクが高いと言えます。AGA治療専門医の処方のもとで安心したAGA治療を行う方が安心ですが、自己判断の場合は情報をきちんと見極めて購入し、使用は服用量の調整と効果を段階的に見極めながら服用するように心がけることが必要です。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部