スポンサーリンク

育毛剤の使用で「かゆみ」が出る3つの原因と対処法

シェアする

治る前兆?育毛剤の使用で「かゆみ」が現れる原因と対処法

育毛剤を使い始めてから、頭皮にかゆみを感じるようになったことはありませんか?かゆみは育毛効果の現れだとか、反対に育毛剤による副作用だとか、さまざまな噂が飛び交っているようです。

また頭皮のかゆみはかなりのストレスにもなりますので、うまく対処していきたいですよね。そこで今回は、育毛剤と頭皮のかゆみの関係について詳しく調査してみました!

育毛剤でかゆみが現れる3つの原因とは?

原因について男性が説明をしている

育毛剤の使用によって発生するかゆみには、さまざまな原因があります。気にせずに使い続けていると育毛効果が現れないばかりでなく、頭皮に重大なトラブルを引き起こす可能性も…。

正しく対処をするために、まずはかゆみの原因を探っていきましょう。

原因1. 育毛剤の成分が体質に合っていない

基本的に育毛剤は人体に害のない成分で作られていますが、人によってはアレルギー反応を引き起こしてしまう可能性もあります

特に敏感肌やアトピーの方は要注意。かゆみのほか赤みや発疹などが発生している場合は、頭皮が育毛剤に反応し炎症を起こしている可能性が高いので、すぐに使用を中止しましょう。

そのまま使用していると頭皮が傷付き、むしろ抜け毛が促進されてしまいます。肌が弱い方は、育毛剤を使う前にパッチテストをしておくと安心です。

原因2. 頭皮に傷があり炎症が起こっている

頭皮にある傷や吹き出物に育毛剤が触れて、かゆみを引き起こしている可能性もあります。育毛剤が傷に刺激を与え炎症をよりひどくさせてしまうため、この場合もすぐに使用をストップしましょう。

傷付いた頭皮に育毛剤を塗っても、傷の治りが遅くなるだけで育毛効果は現れません。まずは頭皮に刺激を与えないよう心掛け、健康な頭皮を取り戻すことが大切です。傷や吹き出物が長引く場合は皮膚科を訪れ、薬を処方してもらうと良いでしょう。

原因3. 育毛剤の量や使い方が間違っている

より高い育毛効果を得るため、育毛剤を規定の使用量よりも多めに塗布している方もいるのではないでしょうか。

実はこれも、かゆみの原因になります。既定の量以上を使用すると、頭皮への刺激が強すぎてトラブルを引き起こしてしまうのです。

そのほか、有効成分を染み込ませるため頭皮を強くマッサージしすぎたり、汚れた髪に育毛剤を塗布したりするのもNGです。育毛剤の説明書をよく確認し、正しい使い方をするよう心掛けましょう。

かゆみは育毛剤が効いている証拠!?

治る前兆?育毛剤の使用で「かゆみ」が現れる原因と対処法

先ほど述べたようにかゆみは育毛剤の副作用であることが多いのですが、インターネット上では「育毛剤が効いてくると頭皮がかゆくなる」という噂も流れているのだそう。

しかし、これを安易に信じてかゆみがあるのに育毛剤を使い続けるのは非常に危険です!

育毛剤によって血行が促進されかゆくなることもある

育毛剤の中には、「ミノキシジル」などの血行を促進させる成分が配合されている場合があります。血流をアップさせると毛根に栄養素がよく行き渡るようになり、髪の発育が良くなるためです。

このとき人によってはかゆみを感じる場合もあるため、「かゆみ=育毛効果」という噂が広まったようです。

敏感肌の方や頭皮が傷付いている人ほど、強くかゆみを感じる傾向にあります。したがって、かゆみは育毛剤が効いている証拠とは必ずしも言えないので注意しましょう。

頭皮のかゆみが出たら使用を一旦ストップ

育毛剤によって発生するかゆみは、血行の促進が原因である場合もあります。しかし育毛剤による副作用である可能性も非常に高いため、判断が難しいというのが現状です。

またいくら血行が促進されても、かゆみが強すぎて爪で引っ掻いてしまうようでは逆効果です。頭皮が傷付いて炎症を起こし、髪の発育を妨げてしまいます。

さらに、かゆみによるストレスも育毛に悪影響を及ぼします。頭皮にかゆみを感じたら、原因に関わらず一旦使用をストップするのがおすすめです。

「合わせて読みたい」

育毛剤でアレルギーがでる?使用前に確認しておくべき注意点
育毛剤で湿疹や赤みなどが出る場合には、アレルギーに対しても注意深く検討することが必要かも知れません。育毛剤の成分にはアレルギーを引き起こ...

育毛剤によるかゆみの対処法とは?

男性が対処法を説明している

使用している育毛剤に血行促進成分は配合されておらず、正しい使い方をしているのに、かゆみが治まらない!という方もいるかもしれません。そのような方は育毛剤をより低刺激なものに切り替えるか、育毛剤以外の要素を見直してみると良いでしょう。

無添加・天然由来成分のみの育毛剤に変えてみよう

一般的な育毛剤には、化学的に作られた有効成分のほか香料、着色料、防腐剤などが多数配合されています。肌が弱い方の場合は、このような化学成分や添加物に反応して、頭皮が炎症を起こしてしまうこともあるようです。

そのような方におすすめなのが、香料や着色料などを一切使わず、天然由来成分のみで作られた育毛剤です。育毛剤による副作用がかなり減り、頭皮や髪をいたわりながら安心して使用することができます。

もちろん、天然由来成分のみだと育毛効果が落ちるということもありません。自分の肌に合った成分を選ぶことが大切です。

育毛剤以外のヘアケア製品を見直してみよう

頭皮のかゆみは、育毛剤以外のヘアケア製品、整髪料が原因の場合もかなり多いです。刺激の弱い育毛剤に切り替えてもかゆみが治まらない場合は、普段使っているヘアケア製品を見直してみましょう。シャンプーも育毛剤と同じように、なるべく刺激の少ない商品を選ぶことが大切です。

特に男性向けのシャンプーは洗浄力がかなり強い場合も多いので、知らないうちに頭皮が傷付き、炎症を起こしているかもしれません。肌にやさしい弱酸性タイプや、雑菌を抑える抗菌シャンプーなどを使用してみると良いでしょう。

それでもかゆみが治らなかったら…?

育毛剤やシャンプーを変えても頭皮のかゆみが治らない場合は、日々の生活スタイル自体を見直してみましょう

例えば、シャンプーをする際40度以上の熱いお湯を使ったり、爪を立ててゴシゴシと洗ったりしていませんか?これらの行為も頭皮に強い刺激を与え、かゆみを引き起こす原因になります。

そのほか、不規則な生活や糖質・油分の取りすぎ、そして刺激の強い激辛料理なども頭皮に悪影響を及ぼします。生活リズムを整え、体の外からも中からも刺激を与えないようにすることが大切です。

「合わせて読みたい」

育毛剤選びの最大ポイントと効果的な使い方
薄毛に悩まれる人は1,000万人以上と言われ、薄くなった髪の毛をどうにかしたいと、育毛剤の使用を考えたり、実際に育毛剤を頭皮に馴染ませて...

おわりに

育毛剤の使用によって発生する頭皮のかゆみは、育毛剤の刺激による副作用が原因である可能性が非常に高いです。かゆみを感じたら早めに使用を中断し、より刺激の低い製品に切り替えるようにしましょう。かゆみを我慢して使い続けると、頭皮が傷付き毛が抜けてしまうこともありえます。

また育毛剤以外の要素が原因でかゆみが発生する場合もありますので、日々の生活を根本から見直してみるのも良いかもしれませんね。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする