スポンサーリンク

育毛剤を妊娠中に使用すると影響出る?おさえておくべき注意点

シェアする

妊娠中でも育毛剤を使ってOK?おさえておくべき注意点

妊娠中は育毛剤を使う際にも気をつけたい注意点があります。妊娠することで変わる女性の体やお腹の中で育ちつつある新しい生命のために、薬品やスキンケア用品の取り扱いは普段以上に慎重に行うことが大切です。薄毛や抜け毛は妊娠中や出産後の女性には多く見られる変化なので、焦る必要はありません。

妊娠中に起こる体調変化と育毛剤による影響

男性が説明をしている

妊娠中は、女性の体が大きく変化を遂げる時期となります。せり出してくるお腹やつわりのムカムカなどの目に見えて分かりやすい変化だけでなく、体の中で密かに起こる変化もあります。

その影響で抜け毛が増えたり薄毛が進んだりすることもあるようです。また、いつもは平気だったお薬などで副作用が出てしまう可能性も高まります。

妊娠中と抜け毛のメカニズム

妊娠中は薄毛に悩む人も増える傾向にあります。妊娠の影響でホルモンバランスが乱れたり、お腹の赤ちゃんに栄養を分け与えたことで頭皮に栄養不足が起こることなど、髪を育てる機能が停滞しやすくなるためです。

女性の体を整えるホルモンバランスは妊娠を機に、急激な変化を起こします。そのため、ホルモンバランスが乱れやすくなり、髪を育てるために大切な女性ホルモンが正しく働かないこともあるようです。

また、摂取する栄養素も水分も成長に必要な分だけ赤ちゃんに行ってしまうので、頭皮や髪の毛へ運ばれにくくなることもあります。人間の体は命や健康の維持から優先的に栄養を使うため、平常時でも頭髪の分は後回しになっているようです。

いつも使っている育毛剤でも、何かしら影響が出る可能性がある

薄毛や抜け毛が気になりだすと、より入念にヘアケアをしたり育毛剤を使ったりしたくなります。しかし、妊娠中はホルモンバランスによってお肌もデリケートになっており、いつもは何でもなかった成分でダメージを受けるリスクが高くなっています。

新しく育毛剤を購入するのはもとより、普段から愛用している育毛剤であっても、妊娠中に使うことで刺激となり、肌荒れを起こすかも知れません。また、体内に吸収されることでその成分が赤ちゃんに悪影響を起こすリスクも心配です。

出産後は一般的に抜け毛が改善されるもの

妊娠中の体の変化は基本的に、一時的なものであり、出産後には元に戻ることが多くなります。妊娠中に薄毛が始まったとしても、多くの場合は出産して体調が落ち着けば改善するものです。

急激に抜け毛が増えると誰でも不安になりますが、慌ててやみくもにケアする必要はありません。安全第一で、慎重に良い育毛剤を選びましょう。

妊娠中に育毛剤を使うときの注意点

男性が注意点を伝えている

妊娠中に育毛剤が欲しくなることはありそうですが、使う場合には慎重すぎるくらいに注意したいものです。妊娠で女性自身もデリケートになっていますが、胎内の赤ちゃんは大人とは比べ物にならないくらい弱い存在です。

安全なはずの育毛剤の成分でもなんらかの影響を受けることもあります。

妊娠中は男性用の育毛剤を使ってはダメ!

妊娠中に絶対使って欲しくないのは、男性用の育毛剤です。そもそも男性と女性の薄毛や抜け毛の原因が違っていたり、欲しい効果が違うこともあるため、基本的に女性は女性用を選ぶべきです。しかし、特に注意をすべきこととして、男性用の育毛剤には妊娠中の女性に禁忌となる成分が含まれている点は忘れてはいけません。

絶対に妊娠中の女性が使ってはいけない成分は、フィナステリドです。フィナステリドは男性のAGAに使う薬成分ですが、女性は触れることすら避けたいものとなります。妊娠中にフィナステリドに触れると皮膚から吸収されて胎児に影響を及ぼすと言われています。

化学物質入りの育毛剤の使用は避ける

妊娠中の育毛剤で注意したい点としては、化学物質の影響も挙げられます。育毛成分もそうですが、特に保存や着色、香り成分として含まれている化学物質には注意が必要です。

こうした添加物は育毛に関係がないだけでなく、吸収されて赤ちゃんの体にも届いてしまう恐れがあります。

天然由来の育毛剤の場合でもパッチテストを行う

天然由来の成分で出来た育毛剤は、ある程度は体に優しいことが分かっています。しかし、妊娠中の女性の体には些細なことが刺激になることもあるため、さらに慎重に見極めが必要です。

使い始めにはパッチテストを行い、肌荒れなどが起こらないことをチェックしましょう。妊娠前から使っていたものであっても、妊娠してから体質が変化して刺激に弱くなっている可能性もあります。使い慣れた育毛剤も、できれば再チェックしてから使いましょう。

妊娠中は育毛剤に頼らない生活も検討しよう

女性が涙を流している

妊娠中には薄毛や抜け毛の悩みも増えやすく、育毛剤の必要性を感じることも多くなるでしょう。

しかし、薄毛の悩みを解決するために効果的なのは、育毛剤だけではありません。薄毛を引き起こす原因はホルモンや栄養などいろいろありますが、生活の中で改善できる問題もあるはずです。

妊娠中の薄毛は生活習慣での改善を目指す

妊娠中は眠りが浅くなったり、食欲がなかったりと体調も乱れやすくなります。そういったことも薄毛を引き起こす原因となるため、まずは生活習慣を整えて元気な体を作りましょう。

また、ストレスや疲れも頭皮の血行不良など髪に悪影響となりやすいものです。体の急激な変化で大変なことも多くなりますが、できるだけリラックスして過ごすことを目指しましょう。つわりで食事が取れないと不安になりますが、それも一時的なものと考えて、心配しすぎないことも必要です。

「合わせて読みたい」

妊娠中に抜け毛が増える3つの原因とやるべき対策
妊娠中には、抜け毛や薄毛の悩みが増える人が多いようです。こうした髪の毛の悩みは妊娠という特別な環境が関係しているため、妊婦さんに合わせた...

おわりに

妊娠中の女性は育毛剤の影響も受けやすくなっています。普段使っていたものであっても悪影響を起こすかも知れません。

また、妊娠中にはいつも赤ちゃんとつながっていることを意識して、摂取する成分を選ぶことが大切です。髪の毛の対策に気を取られて赤ちゃんの健康状態を阻害しないようにしましょう。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする