スポンサーリンク

育毛剤でアレルギーがでる?使用前に確認しておくべき注意点

シェアする

育毛剤でアレルギーがでる?使用前に確認しておくべき注意点

育毛剤で湿疹や赤みなどが出る場合には、アレルギーに対しても注意深く検討することが必要かも知れません。育毛剤の成分にはアレルギーを引き起こすリスクとなるものもあるので、体質に不安がある場合には使う前に成分と体質をチェックすることが必要です。

アレルギー症状が出てしまうと、育毛どころか頭皮のトラブルの対処に負われることになります。頭皮に塗る前に慎重に見定めることが大切です。

育毛剤使用によるアレルギー発症は起こりやすい

育毛剤の成分は頭皮の髪を育てる組織に働きかけて髪の成長を促す反面、肌質や体質に合わないと肌トラブルを起こすリスクがあります。特にアレルギー体質を持っている人の場合にはそのリスクが心配されるため、使う前にアレルギーを起こさないものかどうかをチェックすることが必要となります。

アレルギーを起こしやすい育毛剤としては、化学物質を含むものやアルコールを使っているものが挙げられます。

「化学薬品成分」を含む育毛剤はアレルギーを起こしやすい

化学薬品を含んでいる育毛剤は、使っているうちに頭皮に刺激を与え続けることになってしまい、長期間続けることで悪影響を与える恐れがあります。アトピーなどのアレルギーを持っている人は特に、人工の添加物によって刺激を受けてしまうかも知れません。

合成着色料や保存料、防腐剤なども注意が必要です。よって、アレルギーが心配な場合には無添加の育毛剤をできるだけ選ぶようにしましょう。ただし、無添加の育毛剤は保存方法や保存期間などの制約が多くなる可能性があります。

「アルコール成分」を含む育毛剤はアレルギーを起こしやすい

育毛剤に含まれていることの多い成分でアレルギーを起こしやすいものとしてはアルコールがあります。アルコールは育毛剤のスーッとした清涼感を作り出す効果を持っていますが、その分肌は刺激を受けてしまいます。

アルコール消毒などで赤く炎症を起こしてしまう人がエタノール配合の育毛剤を使うと、アレルギーが起こりやすいと言えそうです。アルコールの清涼感は、水分が蒸発する時に起こります。その蒸発の際には肌が水分を奪われてしまい、乾燥が進むリスクもあります。

また、アルコールの殺菌力は頭皮に必要とされる常在菌まで殺しかねません。頭皮環境が悪化することでバリア機能が奪われてしまい、刺激に弱くなってアレルギーを起こしやすくなる可能性もあります。

パッチテストで育毛剤によるアレルギー発症を回避!

おばさんが悩んだ顔をしている

育毛剤にはさまざまな成分が含まれており、育毛成分からそれを守る保存料などの添加物まで、どれによってアレルギーが起こるかは分かりません。頭皮にアレルギーが出てしまうと、頭皮に炎症などのトラブルが起こる可能性があり、余計に頭皮の状態を悪化させてしまうでしょう。

そのため、いきなり頭皮に直接使用することは避けて、まずはダメージの少ない部分でパッチテストをしてみることをおすすめします。

パッチテストは商品開発時にも行われており、「パッチテスト済み」の文字を見ることもありますが、自分の肌に合うかどうかは自分で試してみることが大切です。

育毛剤でアレルギーが出そうな人は生活改善で育毛を

おばさんが驚いた顔をしている

育毛剤の成分でアレルギーが出た人やアレルギー体質の人は、育毛剤以外の方法で育毛を目指すことも必要です。体の中から育毛の環境を育てることができれば、育毛剤を使えた場合も相乗効果を狙えるかも知れません。

生活改善で育毛剤なしの頭皮ケア

頭皮を整えて育毛効果を高めるためには、育毛剤だけでなく生活の改善も必要です。睡眠や食事、喫煙習慣などは頭皮の健康と育毛に大きな影響を持っています。生活リズムを整えて、悪い習慣は避けるなどの基本的な体調管理をしましょう。

食事では髪の元となるたんぱく質や亜鉛を十分に摂取して、血行や皮脂に影響を与える脂質の取りすぎに注意します。

おさえておくべき知識

全額返金など保証が充実している育毛剤を選んで

育毛剤を購入する際には、アレルギーによって使えない可能性も考えておくことが必要です。高価な育毛剤を購入しても、パッチテストで合わなければ使えません。そのため、もしも肌に合わない場合には返品、返金ができる商品を選ぶことも大切です。

一ヶ月返品可能などの商品は、使ってみて効果が出ない場合の返品だけでなく肌質に合わない時にも役立ちます。

ときには、育毛剤の使用以外で改善方法を検討することも大事

育毛剤でアレルギー症状が出てしまった場合には、育毛剤以外の方法を探すことが必要となります。湿疹やかゆみなどが出る場合、一時的に使用を控えると改善することがありますが、再開すると同じ症状を繰り返すのであれば使用を控えるべきです。

育毛剤には髪に良い成分が含まれますが、頭皮が傷ついては意味がありません。まずは頭皮の健康を考えることが大切です。

「合わせて読みたい」

育毛剤選びの最大ポイントと効果的な使い方
薄毛に悩まれる人は1,000万人以上と言われ、薄くなった髪の毛をどうにかしたいと、育毛剤の使用を考えたり、実際に育毛剤を頭皮に馴染ませて...

おわりに

育毛剤はアレルギー体質の人にとっては頭皮環境を乱すリスクにもなりかねません。アレルギー症状が出ることで頭皮が炎症を起こして育毛に悪影響を与えることもあります。

アレルギーの不安がある場合には、頭皮に塗る前にパッチテストを行い、育毛剤の使用が難しい場合にはそれ以外で出来る育毛ケアも検討することが必要です。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部