スポンサーリンク

ボーナス時期がカツラ購入や植毛手術に踏み出すチャンス?

シェアする

ボーナス時期がカツラ購入や植毛手術に踏み出すチャンス?

「あの有名人はカツラだったの?」「いや、自毛でしょう?」と、何度も考えさせられるほど男性用かつらや植毛の技術は進歩しています。でも、一般人にはちょっと高額では? そんなことはありません。一般のサラリーマンでも年齢に関係なく簡単に購入できるようになってきました。植毛を行うクリニックも増えて利用しやすくなりました。薄毛に悩み続けるより、ボーナスを「自己投資(自分への投資)」に回すと考えて行動すれば気分は一新、仕事の成果も大きく拡大するかもしれません。

カツラの愛用や植毛治療は自分を表現するための自己投資

著名人がガンの闘病中に髪の毛の抜けた姿を公表したり、テレビで増毛をカミングアウトするようになりました。抜け毛に負い目を感じてマイナス思考になるのではなく、頑張り輝く自分を主張してみんなに元気を与えることもできることの証明です。

今では、薄毛対策も一般化しています。カツラや植毛は、ハゲ部分を隠すためでなく一歩前に踏み出すきっかけ(自己投資)であることを確認しておきましょう。

カツラにも薄毛対応を含めて様々な種類がある

一口に男性用かつらと言っても、単純に被るカツラから部分的に装着するカツラ、さらに増毛技術を使って自分の髪の毛に加えるように装着するタイプなど、自毛の状態によって選ぶことができます

M字ハゲの進行や頭頂部の薄毛だけに対応する、あるいは前頭葉部分が全体に薄くなっている場合もあれば、額が完全に広がっていることもあります。女性用かつらや医療用かつらもあります。

カツラの販売専門店のほか、テレビCMでも馴染み深く全国に営業拠点を持つ増毛・カツラ専門店が独自の技術とともにカツラや増毛のための施術を行うようになっています。

植毛はだれでもすぐにできるわけではない

植毛の相談はAGA(男性型脱毛症)クリニックで行うことが可能です。薄毛だから植毛でもしようかという気軽さも大切ですが、植毛相談に行くと「植毛の前に発毛のほうが良い」と言われることもあります。薄毛の治療を優先する考え方です。

自毛植毛は、後頭部や側頭部から株(グラフト)を採取してハゲた部分に植毛します。植毛部分はハゲないのが基本です。植毛以外の部分が抜けてしまうとまだらになるなど不自然なヘアデザインに変わってしまいます。

そこでAGAクリニックによる治療も「植毛ありき」ではなく、AGAの発毛治療を勧めることがあるのです。AGA進行の程度と併せて、慎重に判断することになります。

ボーナスの一部を自分への投資に使おう!

カツラや植毛にはAGA進行度合いによってさまざまなタイプを選ぶことができます。そのため料金も異なります。一般的な男性用カツラだと15万円から30万円、植毛だと30万円から100万円~が平均的な相場だと考えておくと良いでしょう。

メンテナンスやケアは毎月の給料から払えるとしても、ある程度まとまった金額であるためボーナスの時期なら行動に移す1つのチャンスです。

植毛手術に関連する記事を読む

「自毛植毛」の術後で注意すべき項目4つ
自毛植毛とは、髪が残っている部分から脱毛してしまった部分へ、頭皮の組織ごと移植する植毛のことです。カツラや人工植毛とは違い、正真正銘の自...

ビジネススクールだと1科目10万円以上

ビジネスマンの自己啓発意識が高まりビジネススクールも数多く存在しています。その受講料は1科目で10万円以上することが多く、複数科目以上の受講は当たり前です。英会話スクールもビジネス会話レベルまで考えれば数十万円は必要です。

カツラや植毛によって輝くようになれば、積極的な行動が習慣となりスクールに通う自己啓発以上のモチベーションを維持して仕事の成果を手にすることができるかもしれません。

ボーナスの使い方を考えるなかで、自分への投資の1つとしてカツラや植毛は無駄にはなりません。気持ちをリフレッシュして高い目標を描くことによって、可能性が大きく広がります。

カツラを選ぶ5つのポイントと料金の目安

カツラは、まずオーダーメイド作製セミオーダーカツラ購入かによって料金が違います。また、全カツラ部分カツラか、という選択もします。全カツラの場合、15万円から高いものでは数十万円です。

極端な例では数千円から5万円程度の安価な製品もありますが、素材とともにデザインの不自然さから馴染まないという声も聞かれます。通気性など使い心地の面でも、やはり20万円程度以上のカツラの購入を考えた方が良さそうです。

カツラを選ぶ5つのポイント

「種類と素材(人毛・人工毛など)」「着けごこち(フィット感)と通気性」「メンテナンスと理容ケア」「価格」「信用力」の5つのポイントを確認しましょう。ネットで検索すれば情報を集めることができます。

予算も大切ですが、料金以上にフィット感や見た目が自然な素材であるかをしっかり確認しましょう。できればお店に行き、実際にサンプルを見て相談しながら購入するようにしましょう。

カツラ作製メーカーは品質や価格にこだわり

カツラの作製を専門とするメーカーやそのお店は、「育毛ケア」は行っていません。オーダーメイドかセミオーダーメイドのカツラの作製、カツラのメンテナンスと理容などスタイル維持サービスです。

料金も良心的だと言えそうです。ホームページの情報を確認して、しっかりと見極めましょう。

増毛や育毛ケアまで幅広く対応する大手カツラメーカー

大手カツラメーカーの強みは、複数の増毛サービスや育毛ケアのサービスを提供している点にあります。全国各都市に営業所もあり、地方都市の人も利用しやすいというメリットがあります。

信用力もありますが、一般的に料金が数十万円となることもあるため、最初にどんなサービスを受けることができて、カツラのメンテナンスや理容サービスなどを含めた費用を確認は必ずしておきましょう。

信用力だけで決めると、せっかく自分に投資したカツラをきっかけに嫌な思いをするようになってしまいます。しっかり納得をして、新しい一歩を踏み出すことが大切です。

AGAクリニックによる植毛の種類と料金

植毛は医療行為なので、カツラ作製業者や大手カツラメーカー、さらに育毛サロンで行うことはありません。AGA治療を専門に行うクリニックは全国の主要都市には多くあります。

しかし、地方の小さな都市にはAGA専門のクリニックがないのが現状です。地方都市の皮膚科で行っているAGA治療は植毛ではなく、ミノキシジルなどの発毛促進薬による薄毛治療です。

AGAクリニックで行う植毛の料金相場

日本人の場合、1つの毛穴から平均2本の髪の毛が生えているということから、植毛本数は「本」で数えるのではなく「株(グラフト)」でカウントします。自毛植毛は少ない場合で100株、少し範囲が広いと1,000株という単位で料金が変わってきます。切る植毛(ストリップ法)と切らない植毛(ダイレクト法)など手術の方法があります。

植毛の一般的な料金を見ると、100株が30万円前後と考えておくと良いでしょう。1,000株ならその10倍というわけではなく、約100万円~という考え方で良さそうです。もちろんクリニックによっても、またハゲている状態によっても料金は異なるので、無料相談などを利用してしっかり納得したうえで植毛手術に臨むようにしましょう。

おわりに

抜け毛や薄毛が特に進行してしまっても、カツラや植毛となるとなかなか踏み切れない方も多いかもしれません。育毛へのこだわりが強い心理も働くでしょう。しかし、ビジネスマンにとって身だしなみは1つの基本です。颯爽と動き回るビジネスマンと、抜け毛のコンプレックスを抱えるビジネスマンでは営業先や取引先の印象も違ってきます。

自分への投資とは、ビジネスの場で輝く存在であり続けるための決断と行動です。金銭的に余裕が生まれるボーナスシーズンは、1つの後押しになります。

特に年末は、来年の目標を明確にしておきたい時期です。カツラや植毛によって気持ちを新たにすることは、これからのビジネスシーンで活躍する決意表明にもなり、組織や取引先との間で注目と期待を集めるきっかけになるかもしれません。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部