スポンサーリンク

「薄毛」に関わる用語を知りたい! (※随時更新)

シェアする

脱毛症に関する用語を知ろう

脱毛症」とひとくちに言っても種類の数は多く、異なる脱毛症の種類によって見られる症状や特徴はさまざま。こちらでは脱毛症の種類を用語集としてご紹介しています。気になる用語と合わせて、用語に関する詳細記事をぜひ参考のひとつとしてください。

あ行

「AGA」 – えーじーえー

「AGA」とは、Androgenetic Alopeciaの略であり、「男性型脱毛症」の意味です。 数ある脱毛症タイプの1つとして数えられています。

AGAは、成人男性によく見られる髪が薄くなる状態のことで、男性ホルモン(テストステロン)が大きく関係していると言われています。男性ホルモン(テストステロン)がAGAに関係していると言われています。

「関連する記事を読む」

AGAと円形脱毛症の違いを徹底解説【症状や改善方法】
男性の薄毛で一般的なのは、AGAと円形脱毛症です。どちらも同じ薄毛だからといって、同じ対処法をしていては改善が見込まれません。 AGA...

「M字ハゲ」 – えむじはげ

「M字ハゲ」とは額の生え際、両端から髪の毛が薄くなっていく症状を言います。額の真ん中だけ髪の毛が残り、両サイドの髪が薄くなるため、髪の毛の境目が文字通り「M」の形に見えることからM字ハゲと呼ばれています。またM字ハゲは、男性特有の症状とも言われています。

M字ハゲ(薄毛)ができる原因と最善の対策
M字ハゲは、おでこと髪の毛の境目が文字通り「M」の形に見えることからそう呼ばれています。M字ハゲになるのは男性特有の症状であり、多くの場...

円形脱毛症」 – えんけいだつもうしょう

「円形脱毛症」とは、頭髪に円形または楕円形の脱毛が突然発症する脱毛症のことを言います。円形脱毛症には、「単発型」「多発型」「蛇行型」「全頭型」「汎発型」といくつかのタイプがあり、それぞれで症状や治療方法に異なりがあります。

自身がどのタイプの脱毛症化を知り改善を目指すためには、医療機関でしっかり診察をしてもらうことをおすすめいたします。

「関連する記事を読む」

円形脱毛症の種類と治療の仕方を徹底紹介
円形脱毛症とひとくちに言っても、さまざまな種類があることをご存知でしょうか。脱毛症の種類によって症状が異なるのはもちろん、治療法にも違い...

か行

「牽引性脱毛症」 – けんいんせいだつもうしょう

「牽引性脱毛症」とは、髪の毛が引っ張られることにより薄毛が生じる症状を言います。体質などに関係なく、女性に多く見られる脱毛症です。ポニーテールなど、強く髪の毛を引っ張るヘアスタイルやヘアアイロン、エクステを長期的に使い続けることにより、牽引性脱毛症が生じる可能性が高まります。

髪の特定の部分に負担がかかり続けることで、頭皮の血行は悪化し、髪の毛を育てる十分な栄養素が毛髪へ行き渡らないため、毛が生えにくいのが特徴です。

「関連する記事を読む」

女性に多い牽引性脱毛症の原因5つと改善方法
女性に多くみられる薄毛に牽引性(けんいんせい)脱毛症があります。牽引性脱毛症は体質などに関係なく、誰にでも起こる可能性のある脱毛症です。

さ行

「脂漏性脱毛症」 – しろうせいだつもうしょう

「脂漏性脱毛症」とは、ホルモンバランスの乱れなどの影響により、過剰に皮脂が分泌され、皮脂が毛穴を防ぐことで、毛穴周辺部や毛根に炎症を起こし髪の毛が抜ける症状を起こす症状を言います。

脱毛症のいくつかある種類のなかでも、非常に稀と言われており、脱毛症に悩む人全体の1%にも満たないと言われているのが特徴です。

「壮年性脱毛症」 -そうねんせいだつもうしょう-

「壮年性脱毛症」とは、一般的に遺伝性の薄毛や抜け毛のことを言い、ゆっくりと時間をかけて髪が薄くなるといった症状が進行していくと言われています。

20代以降の男性に見られやすい脱毛症で、壮年性脱毛症となる原因そのものを取り除くのは難しいと言われています。

「関連する記事を読む」

壮年性脱毛症となる原因と改善につながる3つのポイント
AGAの一種と言われる、壮年性脱毛症は厚生労働省の資料にもあるように、「31歳~44歳」で悩まれる方が多くいます。

た行

「つむじハゲ」 – つむじはげ

「つむじハゲ」とは、つむじ部分から徐々に髪の密度がなくなるように薄くなっていくのが特徴。髪が無くなることで頭頂部に地肌が出て、後頭部と側頭部に髪が残り、見た目が河童と似ていることからカッパ禿げと言われることもあります。

「関連する記事を読む」

つむじはげを引き起こす原因と改善に効果的なマッサージ方法
「つむじはげ」とはその名のとおり、頭頂部あたりに存在するつむじの部分に生えている毛髪が抜けてしまい、薄毛になること。自分で確認することが...

「男性型脱毛症」 – だんせいがただつもうしょう

「男性型脱毛症」とはAGAと呼ばれることも多く、思春期を過ぎた男性に多く見られる、最も一般的な脱毛症のひとつと言われています。症状は年齢を重ねると共に、額の生え際や頭頂部の髪が細くなったり、抜け毛が多くなることで、徐々に薄毛が目立つようになります。

男性型脱毛症が起こる原因は、一般的に遺伝や体内で分泌される男性ホルモン(テストステロン)の影響が有力であると言われています。男性型脱毛症の改善を目指すのであれば、医療機関でまずは診察をしてもらうことをおすすめします。

「関連する記事を読む」

【毛髪診断士監修】AGAの原因3つと対策
AGA(男性型脱毛症)は、成人男性を中心に思春期を過ぎた頃から壮年期まで幅広い年齢層の男性に見られる薄毛の原因です。

こちらも読んでおきたい

AGA(男性型脱毛症)の進行速度を早める要因とケアのポイント
AGA(男性型脱毛症)の克服は、巨大なモンスター(=大きな不安)との戦いと言えます。遺伝、環境、ストレスなど避け難いAGAの「原因」が、...

な行

は行

「ヘアサイクル」 – へあさいくる

「ヘアサイクル」とは、髪が生えて抜け落ち、また生えるという循環のことを言います。循環は「成長期」⇒「退行期」⇒「休止期」といった一定の期間を繰り返しているのが特徴。
※ヘアサイクルは別名で毛周期と呼ばれることもあります

「関連する記事を読む」

ヘアサイクル(毛周期)が乱れる3つの原因と改善方法
シャンプーのときに気になるのが抜け毛の本数。抜けた髪の毛を目にして、また一歩薄毛に近づいてしまったと嘆いている方もいるかもしれません。し...

「粃糠性脱毛症」 – ひこうせいだつもうしょう

「粃糠性脱毛症」とは頭にフケが多く発生し、毛髪が薄くなる病気を言います。思春期以降の男性に多く見られる症状であると言われています。

頭全体に皮脂分泌が少なく、乾いた細かいフケが付着することで毛穴をふさいでしまい、頭皮が炎症を起こしやすくなり脱毛に至ります。
粃糠性脱毛症になる原因は、症例が脱毛症のなかでも少ないことから特定できていないと言われています。

「関連する記事を読む」

粃糠性(ひこうせい)脱毛症の原因と症状の特徴
脱毛症の一種に、粃糠性(ひこうせい)脱毛症というものがあることを知っていますか?フケが大量発生して脱毛を引き起こしてしまう症状です。

「びまん性脱毛症」 – びまんせいだつもうしょう

「びまん性脱毛症」は、男性に見られる薄毛のように部分的に薄くなるのではなく、毛髪全体が薄くなるのが特徴です。症状が目に見えて分かるまで徐々に進行するため、気づきにくく、症状が悪化してから慌てるといった方が多くいます。

びまん性脱毛症は、男性型脱毛症(AGA)の女性版として、別名で「女性型脱毛症(FUGA)」と呼ばれことがあります。

「関連する記事を読む」

女性に多い「びまん性脱毛症」の特徴と3つの改善策
薄毛や抜け毛の悩みを訴える女性も増えているようですが、年代を問わず女性の薄毛をまとめて「びまん性脱毛症」として紹介することもあります。

ま行

「無毛症」 – むもうしょう

「無毛症」とは、別名で乏毛症(ぼうもうしょう)と呼ばれることもあります。遺伝性の疾患により、生まれつき毛がまったく生えてこないこともあれば、生後から徐々に脱毛が進み、毛が生えてこないなど、症状の現れ方は人によって異なります。
頭髪以外にも、爪や歯、汗腺などにも影響が出ることもあると言われており、無毛症の決定的な要因はいまだ解明されていないとされています。

「関連する記事を読む」

無毛症(乏毛症)の症状って?知っておくべき原因と治療法
無毛症(乏毛症)はあまり知られていない病気ですが、容姿の問題で非常につらい思いをしてしまう病気です。頭髪を突然失ってしまう原因とはなんな...

や行

ら行

わ行

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする