スポンサーリンク

育毛効果が期待のピーナッツに隠された栄養素と働き

シェアする

ピーナッツに含まれる栄養素が育毛促進に効果的?

ピーナッツなどのナッツ類はアンチエイジング効果があることで知られています。アンチエイジングとは、加齢による体の衰えをできるだけ減らすこと。気軽に食べられるピーナッツの栄養素が育毛に効果があるなら嬉しいですよね。

ここでは、ピーナッツが育毛を助ける作用について詳しくご紹介します。ピーナッツを食べるときの注意点も解説していますのでチェックしてください。

ピーナッツのアンチエイジング効果

アンチエイジングとは、加齢による身体の機能的な老化(衰え)を可能な限り小さくすることを言います。つまり、アンチエイジングができれば頭皮の衰えを小さくすることとなり、育毛環境が整う、薄毛の改善に繋がるということになります。

悪玉コレステロールを抑えてくれる

ピーナッツにアンチエイジング効果があると言われる理由は、一価不飽和脂肪酸が多く含まれているからです。

一価不飽和脂肪酸は、サラダ油などに含まれる多価不飽和脂肪酸よりも酸化しにくいことから、悪玉コレステロールを抑えて動脈硬化の予防になると言われており、この抗酸化作用がアンチエイジングにつながります。

ナッツ類はピーナッツの他にも、アーモンドをはじめマカダミアナッツや、ピスタチオ、ヘーゼルナッツなどがあります。

ピーナッツに含まれる栄養素と働き

男性からのアドバイス

ピーナッツには一価不飽和脂肪酸の他にも、たくさんの栄養素が含まれています。ここからは、育毛に作用する栄養素についてご紹介します。

タンパク質

ピーナッツの成分で脂肪の次に多い成分がタンパク質です。タンパク質は筋肉、皮膚、内臓など体を構成するためには欠かせない成分ですが、髪の毛の主成分でもあります。

髪の毛の約99%がタンパク質の一つであるケラチンでできていると言われていることから、育毛に重要な成分がピーナッツには多く含まれていることになります。

亜鉛

ピーナッツには、髪の毛の主成分であるケラチンの合成に重要な亜鉛も含まれています。ケラチンはタンパク質の一種ですが、体に亜鉛が不足するとケラチンがスムーズに作れなくなります。

亜鉛が作り出す酵素が頭皮の新陳代謝を助けて、毛母細胞の働きをサポートします。

マンガン

ピーナッツには酵素を活性化させる作用のあるマンガンが含まれています。髪の毛の主成分であるケラチンは、18種類のアミノ酸が組み合わさってできたタンパク質の総称となっています。

マンガンはタンパク質の代謝を助けてケラチンの合成をバックアップします。

ビタミンB2・B6

ピーナッツに含まれるビタミンB2とB6は、細胞の働きを促してタンパク質が髪の毛になることをサポートします。食事などから体内に摂り込んだタンパク質は、自らの力で髪の毛になることはなく、ビタミンB群の働きがあるからこそ髪が生まれます。

また、ビタミンB2とB6には皮脂分泌量をコントロールする作用もあることから、頭皮の新陳代謝を高めて髪が育ちやすい環境にします。

ビタミンE

ピーナッツには脂溶性ビタミンの一種であるビタミンEが含まれています。ビタミンEには、血管を広げて血液の流れを良くする作用があり、ビタミンEの働きで頭皮の血流が改善すると育毛に必要な栄養と酸素が毛根に届けられて髪の成長を助けます。

また、ビタミンEには抗酸化作用もあることから、薄毛や白髪の原因になる細胞の酸化予防にも効果が期待できます。

葉酸

ピーナッツにはビタミンB群の一種である葉酸が含まれています。葉酸は体内で新しい細胞が作られるときに不可欠な栄養素であり、女性の体では妊娠期から授乳期において、赤ちゃんの発育に重要な成分とされます。

葉酸には造血作用があり育毛に重要な細胞の成長を促して、健康な髪が育つことを助けます。

パントテン酸

パントテン酸はビタミンB群の一つであり、以前はビタミンB5と呼ばれていました。髪や皮膚を健康に育てるために不可欠なビタミンCの働きをサポートする性質があると言われています。

パントテン酸はビタミンCと協力して皮脂の代謝を整えるとともに頭皮を健康な状態に保つことで育毛をサポートします。

アルギニン

ピーナッツにはアミノ酸の一種であるアルギニンが含まれています。アルギニンは体内でも作られていますが、量が少ないために食べ物から摂取して補う必要があります。アルギニンが育毛に関係すると言われているのは、成長ホルモンの分泌を促す作用があるからです。

成長ホルモンは頭皮の新陳代謝を促す物質です。アルギニンを摂ることは、加齢とともに減少してくる成長ホルモンの分泌を助けてくれるでしょう。

レスベラトロール

ピーナッツの皮にはレスベラトロールと呼ばれる成分が含まれています。レスベラトロールとはポリフェノールの一種であり、生活習慣病の予防やアンチエイジング効果に期待できる成分です。レスベラトロールには、細胞の老化につながる活性酸素の発生を抑えるとともに、新陳代謝を活発にして育毛をサポートします。

さらに、レスベラトロールには血流を改善する効果あることで、髪の毛の成長に必要な栄養を毛根に届けることに役立ちます。レスベラトロールを摂取するためには、ピーナッツを皮ごと食べることをおすすめします。

ピーナッツを食べるときの注意点

男性からの注意点

育毛効果が期待できるピーナッツですが、食べるときには注意したいポイントがあります。ピーナッツを選ぶときは、油で揚げたり塩を振ったりしていないプレーンなものを選ぶことが重要です。

ピーナッツの食べ過ぎはニキビができやすくなると言われますが、その理由はピーナッツ自体の脂質よりも調理で使用された油やバターが影響しています。

また、ナッツ類は消化が悪いため、食べ過ぎると腹痛や下痢を起こすこともあります。ピーナッツは100gあたり585.1kcalと高カロリーであることからも、1日の摂取量は30粒を目安に摂るようにしましょう。

「合わせて読みたい」

発毛促進の期待がある食べ物と理由【5つ激選】
発毛促進のためには、体の外から栄養を得られる食べ物の効果を十分に利用することが大切です。髪の毛も含めた体のあらゆる組織は私たちが日常的に...

おわりに

今回は、ピーナッツに隠された育毛効果についてご紹介してきました。ピーナッツはおやつやおつまみとして身近な食品ですが、髪の発育に関わる栄養素が豊富に含まれる食材でもあります。

しかし、食べ過ぎはよくありまません。ピーナッツは意外に高カロリーであり食べ過ぎは肥満や消化不良の原因にもなります。育毛の基本は栄養バランスの良い食事ですので、ピーナッツの栄養効果を取り入れながら、偏りのない食生活を送りましょう。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部