スポンサーリンク

AGAの前兆?「ハゲる人」に見られる4つの共通点

シェアする

「ハゲる人」に共通して見られる前兆と予防方法!
髪の毛が薄くなってきたと悩まれる方はとても多いです。実際に、どの年代でどれくらいの割合でAGA(ハゲ)に悩まれている方がいるかをご存知でしょうか?

こちらでは、データ数値の紹介と合わせて、ハゲる人に見られがちな共通点と予防法をご紹介いたします。

ハゲ(男性型脱毛症)が始まる年代を確認

まず、AGAを発症する年代を確認しておきます。「AGA治療・お薬情報ナビ」が紹介している年代別発症確率は以下のようになっています。データを確認しておわかりになるように、日本人の3人に1人は、AGAだと言えます

20~29歳 : 6%
30~39歳 : 12%
40~49歳 : 32%
50~59歳 : 44%
60~69歳 : 51%
70~79歳 : 61%

引用元:AGA治療・お薬情報ナビ

ハゲる人に見られる4つの共通点と予防策

男性がハゲる人の特徴を伝えている

上記で示したデータのように、日本人の3人に1人はAGAだと言えます。とはいえ、ハゲる人に見られる共通点に関しては、数値化されているわけもなく、見た目の判断で見分けることはかなり難しいと言えます。

こちらで紹介する4つの共通点は、あくまで独自調べによるものです。参考程度に確認いただけますよう、お願いいたします。

共通点1. シャンプー時に抜け毛が多い

シャンプー時に排水溝にたまる抜け毛が多いことに気づくでしょう。最初は太くて長い髪の毛が溜まっています。ある程度進行すると、細く短い髪の毛が混じるようになってきます。

[予防策]:

頭皮に優しく抜け毛を抑えるシャンプーに変えましょう。男性が使う一般的なシャンプーは石油系が多いので、頭皮に優しいシャンプーに変えます。女性用シャンプーは髪の毛をきれいに保つ効果はありますが、男性型の抜け毛予防効果はありません。

共通点2. ブラッシングをするとブラシに抜け毛が溜まる

ブラッシングをすると抜けた髪の毛がブラシに残っていきます。また、フケが落ちている場合もあります。

[予防策]:

頭皮マッサージ効果が期待できる豚毛ブラシなどに変えて、整髪とともに頭皮マッサージを意識して続けるようにしましょう。プラスチック製ブラシは頭皮を傷つける恐れがありますのでお勧めできません。弾力があり、炎症や痒みがなく青白い色をした清潔な頭皮が理想です。

共通点3. 枕元に抜け毛が数本溜まる

朝起きると、枕元に数本以上の抜け毛が必ず見られるようになってきます。

[予防策]:

寝ている間だけの対処法では抜け毛の増加は防げませんが、炭枕のようなリラックス効果と遠赤外線効果があると考えられる枕に変えてみましょう。直接の改善効果はないかもしれませんが、ストレス軽減の意識を持つことで寝ている間のリラックス効果を高めることができます。

共通点4. 仕事中も机の上に抜け毛が多く落ちる

AGAがかなり進行していると言えます。しかし、薄毛になるまでには時間があるのですぐに育毛ケアを開始します。育毛剤を使う必要があります。

[予防策]:

目の疲れは、特に前頭葉の頭皮の緊張を助長します。目薬を注し軽く運動するなど頭皮ストレスの軽減に努めましょう。育毛剤によるケアは欠かせません。

頭皮の状態チェックポイント!ハゲの進行を抑えよう

男性が頭皮のチェックポイントを伝えている

上記の共通点は、ハゲるリスクが高まり、進行を開始したことを判断するチェック項目としても利用できます。

併せて、必ず行う必要があるのが頭皮のチェックです。頭皮状態が悪化していれば、すぐに育毛剤によるケアを開始する必要があります。

頭皮が薄く硬くなっているかどうかを確認

頭皮の回復には時間がかかりますが、それでも髪の毛は生えるので諦めなくても良いでしょう。まず抜け毛を減らし髪の毛が生える頭皮環境を改善させる育毛ケアが必要です。

一般的にAGAの症状が頭皮に表れた場合、すぐに改善することは期待しないようにしましょう。例えば、少し頭皮が軟らかくなったと感じてもまた元のように戻ってしまいます。この繰り返しを覚悟して、長く頭皮改善に臨む覚悟を決めましょう。

[予防策]:

頭皮柔軟化効果がある育毛剤を使い、丁寧にマッサージとともに毎日ケアを続けましょう。

頭皮の皮脂が多い(あるいは少なくて乾燥している)かを確認

多くの場合、フケが多くなるのですぐわかります。皮脂が全て悪影響ではないのですが、1日過ごして汚れた皮脂が頭皮に残ると雑菌の増加につながるので、シャンプーによって洗い落とすことが必要です。乾燥したフケが多い場合はシャンプーのすすぎが不足している可能性もあります。

[予防策]:

頭皮に優しいシャンプーと、頭皮に優しい育毛剤を選んでケアを続けます。

「合わせて読みたい」

薄毛・ハゲは運動不足で改善!有酸素運動が効果的な理由
適度な運動は健康な体を作る条件の一つですが、運動は髪の健康にも関係しています。運動不足が頭皮の環境を悪くして薄毛を引き起こすことも知られ...

おわりに

若いときに髪の毛が多い少ないという外見だけでは、AGAの発症やハゲの進行を判断することはできません。自分自身もわからないはずです。そこで、両親や祖父母の状態を知り、発症年齢をある程度予測しておけば備えと予防もできます。頭皮が変化(硬い・皮脂量)する前にケアを開始するようにします。

AGA・ハゲるリスクを回避に安価なアルコール系整髪料を使う場合は注意が必要です。頭皮に強い刺激を加え、同時に頭皮に汚れを溜めこみ雑菌が増殖するイメージを頭に描いてみましょう。

頭皮に触れた指先がベタついていればそれは雑菌の塊なのです。潤いと柔軟性のある清潔な頭皮を取り戻すこと、これがハゲを予防するときに考えるべき最大の目標です。

ハゲ薄毛研究所編集部

ハゲ薄毛研究所編集部

薄毛や抜け毛など、髪の毛に関するさまざまなトラブルに悩まされている方は多くいます。
当サイトは、髪の毛に関することでお悩みの方へ、少しでも有益となる情報をお届けできるように運営しております。
ハゲ薄毛研究所編集部
スポンサーリンク

シェアする

フォローする